当院にある医療機器

Ⅹ線装置

この検査で胸部X線,腹部X線などが撮影することが出来ます。胸部X線は肺炎や肺気腫,気胸(肺に穴があいてしまう病気)などの診断に役立ちます。腹部X線は腸閉塞が疑われるときなどに威力を発揮します。
また,当院では、これをすぐにデジタル化して、電子カルテの画面で参照できるようにしてありますので、撮影したすぐ後に、ご自身の目でご覧になれます。

エコー:アロカ SSD-3500SV

私がもともと内科の中でも消化器・肝臓が専門でありますので、ある意味,聴診器代わりでもあります。この機械で検査して分かるのは,腹部であれば,肝臓(脂肪肝や肝腫瘍など)、腎臓(腎結石や腎のう胞など)、胆のう(胆のうポリープや胆石など)などなどの病気があります。
(上に挙げたのは代表的なもので、もちろん他にもいろいろわかります)


上部消化管内視鏡

当院では,X線を使う胃のバリウム検査はやっておりません。口から入っていって、食道,胃,十二指腸といったところまでカメラでみていく内視鏡を行なっております。これのいいところは、病気があるところをカメラで直接観察できることです。これにより早期の胃がんなどを見つけることができるのです。当院ではより楽に行える鼻からの内視鏡を導入しております。

心電図

この機械では,生活習慣病などによって引き起こされる狭心症や心筋梗塞の診断,不整脈などのチェックが出来ます。


スパイロメーター

呼吸機能を測定する検査です。最も再現性の高い気流制限の測定法で、COPD(慢性閉塞性肺疾患)を正しく診断するために不可欠です。

AED(自動体外式除細動器)

AEDとは電気ショックが必要な心臓の状態を判断できる心臓電気ショックの器械です。ここ最近,マスコミも含めて様々なところで取り上げられていますが、この機械で出来るのは、突然死を起こすような不整脈が起きてないか自動的に判断して、必要であれば電気的に除細動を行なうことです。それにはもちろん、それ以外の判断も出来ること、心肺蘇生もすることが前提になります。


血球測定器

これは採血した血液を用いて検査するものです。細菌感染などの時に役に立つ白血球,貧血の参考になる赤血球,血が止まりやすいかどうかの目安の血小板などの項目を数分で調べることが出来る機械です。